130910sarasa




2013

9月19日は十五夜でした


みなさん、お月見はされましたか?




保育園では十五夜にちなんで給食がお楽しみ給食でした





☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.



DSCN7347



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.    


いつも美味しい給食を作ってくれる調理員さん

今日もフル回転です



DSCN7346
調理員さ~ん

お楽しみ給食のポイントはなんですか~?




『今日は栗ごはん!!
ウズラの卵はお月様にしてみました~







それではもう一度



DSCN7347




う~ん

何回見てもいい

『おいしそう~



お月様が2つあって、なんだか得した気分です



DSCN7344




さてさて、準備ができたようです。


おともだち~
今日の給食 どうですか~?







DSCN7342


お~いし~い*☆



実に、いいお顔!!!!




DSCN7343




≪あ~ おなか いっぱい




見てください!!!

ピッカピカのお皿たち。

上手にスプーンを持ってご機嫌さん





DSCN6836
DSCN6831





  





≪みてみて~!大きなおくち~≫

りす組さんも負けてないぞー!





DSCN6833


    
DSCN6835DSCN6837




  モグモグ・・・





DSCN6829




カメラを向けられて
ちょっと緊張?


い~え!真剣なんです!!



りす組さんがスタートして半年になりますが
みんな 上手に食べられるようになりました☆

スプーンをぎゅぎゅっと握るおててが可愛い


パパ~ママ~
僕たち私たちも頑張ってるよ



□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□



※お月見 豆知識

① お月見のお供え物

年によって違いますが、九月から十月にかけて十五夜があります。
「中秋の名月」とも言われています。「お月見」を楽しむ日です。


 この行事は、中国で始まり、今から千年ぐらい前に日本に伝わってきました。


この中秋の名月を「芋名月」と言っている地方もあります。この時期にとれる里芋を供えるからです。


秋は食べ物が実る季節です

その食べ物を誰よりも早く、偉大なる月にささげるためにお供えをするのがこの十五夜なのです。
芋の他にも、「団子」「栗」「枝豆」「ススキ」「お酒」などをお供えします。


団子は「お月見団子」と言われています。
団子の数は十五個としているところもあれば、十二個としているところもあります。
これは十五個の地方は十五夜から来ていますし、十二個の地方はその年の満月の数と言われています。
昔は月の形によって暦が作られていたので、その数はとても大事なことでした。



② ススキをお供えする理由


 お供えするものの中に食べ物や飲み物以外のものがあります。


 さ~て。何でしょうか!

それはススキです。なぜススキをお供えするのでしょうか!

それは、ススキが稲穂に似ているからです。実際に稲穂をお供えする地方もあるそうです。

また、使い終わったススキは家の庭や門、田んぼに魔よけとして差す地方もあります。
稲がススキのように丈夫に育つようにと願いを込めたのです。




③ 月ではうさぎが餅つきをしている?


 童謡「うさぎ」では、十五夜の月を見て跳ねるうさぎのことが歌われていますし、
月の模様は「うさぎが餅つきをしているように見える」と昔から言われてきました。

外国では違ったように見えるようです。
たとえば、「大きなはさみのカニ」「本を読むおばあさん」に見える国もあります。


お月様を見ながら
『うさぎさんがいる~』
な~んて子どもたちと話ができたらステキな夜になりそうですね




秋分の日を迎えて気候もだいぶ過ごしやすくなってきました。
あんなに寝苦しかった夜が嘘のようですね・・・

季節の変わり目、体調を崩しやすい時です。

みなさん!体調管理はしっかりと!!


お腹をだして寝ていては風邪をひきますよ